翻訳・通訳

「翻訳」では、外国語能力のほかに、
専門分野を持っていることが必要です。

合わせてそれを日本語の文章として表現する
能力も不可欠です。

「通訳」は、会議、商談、セミナー、などの多くの
場で需要があります。

英語ばかりでなく、
中国語、モンゴル語、タイ語、ベトナム語、などの
アジア系言語にも高いニーズがあります。

これまでの業務経験から、
現地で言語を学んだ人、
あるいは、外資系の企業で英語や専門分野の言語に
詳しい人は、
その経験が生かせる仕事です。


人材派遣会社への登録から始めます。

まずは通訳・翻訳の求人があるかどうか、
仕事量は十分あるかどうかを確認しましょう。

通訳としての仕事では、
警察のHPを見ると、通訳係、がたいていありますから、
問い合わせてみましょう。


企業によっては、
説明書、契約書、業務マニュアル、PR資料などを
翻訳する人を募集していることもあります。

さらに、
国際化によって、
社員を現地採用するケースが増えて、
現地語を操れる人を求めているケースもあります。

派遣、請負、嘱託といった雇用になりますが、
今後は活動の場が広がる可能性のある仕事です。

時給としては高め(1500円位・場合による)に設定
されています。

これまでの経験が生かせる仕事でもあります。

posted by 仕事探し人 at 00:00 | 自分の強みを知る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
60歳からの仕事探し」の先頭へ