「介護」関連の資格について


「資格」を取る


介護の仕事をする場合、まず取っておきたいのが、

介護職員初任者研修」です。


これはこれまで「ホームヘルパー2級」と言われた資格です。
これを取っておくと、
無資格の人よりもお給料がアップします。

基本的には講座を受講すれば取れる資格です。
費用もかかりますが、
資格があれば無資格の人より月収が2〜3万円高くなるといわれて
います。

受講時間は130時間、費用は5〜15万円くらい。


次に「実務者研修


これは国家資格である介護福祉士になるための必須資格でもあります。
450時間の受講が必要ですが、
上記の初任者研修での130時間が引かれますので、
320時間の受講になります。
費用は10〜20万円。

この資格をとると、「サービス提供責任者」になれます。

つまり、ケアマネと連携して介護プランを作ったり、訪問介護などの
管理業務が可能になります。


介護福祉士


国家資格であり、介護のプロ、と認められることになります。
3年以上の実務が受験の条件です。
上記「介護実務者研修」の取得も必須です。


介護の現場では介護福祉士は一番求められている資格ですから、
求人も多く、安心です。

ここからさらに「ケアマネージャー」を目指すこともできます。

このような資格は働きながら取ることも可能です。
ハローワークで相談してみるといいでしょう。


また、
「介護福祉士」の資格取得のための
講座もあります。

ヘルパー派遣会社で、費用を補助してくれるところも
あります。

すでに働いている人なら
会社に相談してみるといいですね。

タグ:資格
posted by 仕事探し人 at 09:13 | 資格について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

資格取得が条件となる求人


就職に有利な「資格」


「資格」を取ることは再就職に有利なのかどうか。


資格といっても様々なものがあります。
「国家資格」もあれば、民間認定のものもあって、権威の
疑わしいものもたくさんあります。


再就職に有利な資格に絞って考えてみると、
ハローワークの求人情報に、
必要な「資格」として掲載されて
いるのは介護関係の仕事です。


ホームヘルパー、
ケアマネージャー、
介護福祉士、
社会福祉士、
といった資格です。


また、
栄養士、
調理師、
の資格のある人の求人もあります。


さらに、
数は少ないですが、
「学芸員」

これは、図書館や、博物館などで働きたいときには
必要な資格です。


語学、
これは資格というよりも、たとえば中国語や英語で
商談ができるかどうか、現地に赴任して責任者になって
もらいたい、という求人の場合です。


このほか、
独立して開業したい、というなら、
税理士、
公認会計士、
司法書士、
行政書士、
中小企業診断士、
などの資格が役立つでしょう。


ただし、独立開業となると、資格の有無だけでなく
人脈や、費用、組織とのコネ、市場、なによりも顧客を
どう獲得するか、が大きな問題となります。
単に資格だけでは難しいです。



また、最近増えているのが
「柔道整復師」「按摩マッサージ指圧師」
といった整体関係の資格を持った人の求人です。



先に述べた介護関係の資格もそうですが、
高齢社会にあって、整体のような仕事の求人も増えて
くることが予想されます。


社会の需要を考えて、資格を取得するなら、どんな資格を
選ぶべきか、よく考えてみましょう。
タグ:資格
posted by 仕事探し人 at 19:48 | 資格について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

資格 「資格」

仕事を探すのに、
やはり自分のアピールポイントを持たなければなりません。


まずは「運転免許」


「樹木の診断士」という求人がありましたが、
この応募条件に「運転免許」がありました。


また、社長の運転手、幼稚園バスの運転手、
のように「安全運転」が求められるものもあります。


ケーキ屋さんの配送というのもあります。

営業職では「運転」ができることは
必須条件ですし、事務職でも、
運転免許を必要とする会社もあります。


さらには、
デイサービスの送迎の仕事。

自宅の住み込み運転手の募集もあります。


さらに『ボイラー取り扱い資格』というのもあります。

ビルの保全業務などに必要です。



このような「役立つ」資格を取っておくことも大切です、

自分に「できること」は何か、そこを押さえておきましょう。

たくさんの「武器」を持っているほど、戦いやすいのですから。
タグ:運転免許
posted by 仕事探し人 at 10:55 | 資格について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

いわゆる‘パソコン資格’


「パソコン資格」は役にたつ?




パソコンに関する資格は、
近年のネットワークの充実と共に増え続けています。


今や、事務をこなす人や情報系企業に勤める人にとっては必須の資格
も多いようです。

パソコン資格として、名前もそのままのパソコン検定(通称;P検)
があります。

これは パソコン業界の標準的な試験に位置づけられています。

知識から技術まで広く問われているため、就職・転職、企業側のスキ
ルチェックなどに活用されています。

その他には、
国家資格で比較的取得しやすい 資資格として、初級システムアドミニストレータ試験(通
称初級シスアド)が挙げられます。

これは、ネットワーク利用者側において、
情報技術に関する一定の知識・技術を持ち、
業務の情報化を利用者の立場から推進する役割を持つ
人を指す資格です。


パソコンだけではなく、
その周りのネットワークの知識と技術を必要とする資格もあります。

この資格には上級もあり、こちらはさらに、
企業の業務、ビジネス戦略などを把握し、
そのうえで業務システムと 情情報システムの支援を行うものとなります。


これら
の資格はほんの一握りに過ぎません。
そのほかにもパソコン・情報に関する資格は、
CADやMIDI、MOSなどをはじめ
国家資格からベンダー認定まで50種類をはるかに
超える数が存在しています。


一般のPC知識に関するもの、
セキュリテイー関連のもの、
ソフトウェアの取り扱い、
内容もさまざまです。


必要かどうかを見極め、
適正な資格を選ぶ必要があると思います。



ただし、上記の資格はすでに取得している人が多い
のではないでしょうか?

仕事の分野にもよりますが、
資格を持った上での経験が再就職で役に立つ、と
考えたほうが良いでしょう。



タグ:資格
posted by 仕事探し人 at 20:23 | 資格について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
60歳からの仕事探し」の先頭へ