具体的な求人と研修例


「研修」の例



これはある人の実際の求人に応募して研修を受けたときの
体験です。


あるスポーツクラブが受付(フロント)業務の募集を
していて、応募したところ、面接に来てくださいと言われた
そうです。

応募したのは62歳の女性です。


先方の希望は土日に勤務出来る人、ということでしたが、
女性はできれば平日昼間の勤務が希望。


まずは研修から、というので、平日の9時から12時の
研修が始まりました。

受付ですから、お客様対応、入金出金管理、電話対応など
です。
先輩の方と一緒に、教えてもらいながらの勤務です。


週に2回研修があって、1ヶ月後からはひとりで業務をする、
ということだったのですが、女性のほうから結局は辞退して
しまいました。


さて、何が、どう問題だったのでしょうか?


「職」を得ることの意味



研修そのものは楽しかったそうです。
慣れないお客様対応も、先輩が丁寧に教えてくれたそうです。
レジ打ちも何度も練習をして、教えてもらいました。


問題は煩雑な入金管理。
帳簿や書類がいろいろあって、
記入方法もそれぞれが異なっていて、
全く覚えられずパニックになったそうです。


教えてもらったことをメモするためのノートは用意していた
のですが、途中からただメモをするだけで、「これは無理」と
諦めてしまったというのです。


この場合、まず62歳で面接OKだったという事実。
このことから、研修の結果次第では採用される可能性もあった
ことにもっと留意するべきです。



年齢制限はいけない、と言われながらも、実際には年齢を聞いた
だけでお断りという企業が多いのですから、せっかくの機会を掴む
努力をするべきです。


また、土日の勤務についても、
もしも可能であれば「できる」と応じましょう。

仕事をしたいのなら、先方の条件に対応する柔軟生が必要です。

自分の都合が先では、当然ながらうまくいきません。

新たな仕事を覚えるのですから、最初はわからなくて当たり前。

少しづつでも覚える努力をして、そういう自分の姿勢を分かって
もらうようにするべきです。



率直に言って、60歳以上の求人になると、マンションや病院、
大型店舗の掃除、資格があれば介護の仕事、といったところです。


資格のない人にとっては、厳しい状況なのですから、数少ない
機会は生かさなければなりません。


自分から辞退してしまう前に、最大限の努力はしましょう。

これまで知らなかった新しい世界に飛び込む気力をしっかり
持って一歩を踏み出しましょう。


仕事を得ることで、いくらかの収入を得ることももちろん大事
ですが、それ以上に今後の生き方が変わってゆくのです。


平均寿命が80歳という今。
自分のためにも、どう生きてゆくのかを考えながら、
機会があれば
それをしっかりと掴み取っていきましょう。
タグ:再就職
posted by 仕事探し人 at 10:40 | 就職活動の基礎と実践 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

履歴書は正確に!


「履歴書」の書き方



当然のことですが、履歴書は正しく記載しましょう。

ある事業主さんが嘆いていましたが、年配の女性の面接をした
ところ、学歴と年齢の計算が合わなかったそうです。

本人に聞いてみると、
「自分のような年齢になるとなかなか雇ってもらえないので、
友達もやっているし、経歴をごまかしてしまいました。
でも、仕方ないでしょ!
そうでもしないと仕事がみつからないんです!」
と怒鳴って出て行ってしまったそうです。


確かに、
ある程度の年齢になると仕事探しが難しくなるのは
確かです。

それでも、今の時代、
ヘルパーさん、ケアマネージャーなど、
介護関連の仕事は求人がたくさんあります。


そういうところから、あきらめずにチャレンジしていきましょう!

履歴をごまかしても、いいことは何もありません。


かえって、年齢よりも若く見える、やる気がある、と思って
もらえるように自分をアピールすることを考えるべきです。


元気でやる気があれば、仕事はまだまだありますから。


周りへの声かけも大切


友人や知り合いに、仕事を探している、と声をかけておくと
仕事を紹介してもらえることもあります。


そのような紹介なら、かえって安心かもしれませんし、
いいご縁ができるかもしれません。

まずは、積極的に動いてみましょう!


ハローワークや求人広告だけが
「仕事探し」の方法ではありません。

スーパーや個人のお店にも
「求人」の張り紙などが出ています。


家から近いところで仕事をしたいのなら、
「足」で探してみると
いいタイミングで求人中の仕事に出会えるかもしれません。


そういう自分から動く気持ちが一番大切です。


アンテナを常に張っておく、
周りの人にも気にかけてもらえるように
働きかけておく、

ちょっとした機会を逃がさないように
することが大事です。

posted by 仕事探し人 at 07:23 | 就職活動の基礎と実践 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ハローワークの講座を利用する


ハローワークの利用



どこのハローワークでも、再就職のための講座や、資格を
取るための学校などの紹介をしてくれます。


特に、ハローワークで行われる講座は無料ですから活用しましょう。


「面接の受け方」講座



たとえば「面接の受け方」講座。
これは、特にオススメです。


ハローワークによって多少の違いはあるかもしれませんが、
少人数でのロールプレイング(20人以下での模擬面接)を受ける
ことができます。


だいたい39歳以下と40歳以上で分けられて、
講座があるようです。


実際に面接を受ける経験は、
これまで長く仕事をしてきた人には
あまり無いと思いますから、体験しておくといいですね


面接官にとっては、やはり第一印象が大きいですから、
服装、歩き方、座ったときの姿勢、話し方、言葉遣い、など、
自分でチェックできるようにしておくべきです。



そのためには、こういう講座で、チェックポイントを学習し、
客観的な目でアドバイスしてもらうことが大切です。



話す内容も、だらだらと話すのではなく、
簡潔にまとめることが大事ですし、
相手が聞き取りやすい速さで、かつ語尾を丁寧に
きちんと声に出して話すようにします。


前職が管理職であったり、
部下の前でよく話しをしていた経験のある人は、
往々にして慇懃無礼というのか、面接官が若い場合など
高飛車になることがあります。


あまり卑下することはありませんが、ゆとりを持って、丁寧に
話をするように心がけましょう。


面接が終わったら、近くの喫茶店に入って、一服しながら、
お礼状を書くようにするといいですね。


そのためのハガキくらいは用意しておきましょう。
面接のすぐあとに、簡単でもきちんとしたお礼状を出しておくと
相手の方の印象が違います。


ちょっとしたことが大きな差になることもありますから、
気を配るところは忘れずに。


3月は求人が増える時期でもあります。
できるだけたくさん応募して、多くの機会を作ってください。

posted by 仕事探し人 at 16:39 | TrackBack(0) | 就職活動の基礎と実践 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

面接


面接のポイント



面接を受けるときは、
本番の前に、必ず面接の練習をしましょう。


ハローワークで相談すれば、模擬面接をしてもらえます。

実際「面接」というのは、
中高年になると、なかなか経験がないものです。


本番前には、できればビデオを撮って自分の様子を見るように
するといいでしょう。


面接のためのポイントは、

● 過度の謙遜、自信過剰、どちらもやめましょう。

● 嫌味のない表現力を身につけましょう。
   いつも、客観的かつ具体的な自分を表現するようにしましょう。
   これは難しいことですが、大事なことです。

● 相手が不安を感じている部分は、こちらから先に言ってしまいましょう。
   たとえば、体が弱そうに見える場合、「一見、ひ弱そうに見られますが
   毎週テニスをしています」といった具合です。

● 相手の目を見て、笑顔で話すようにします。


面接では、必ず聞かれる質問があります。


「わが社に応募された理由はなんですか?」(志望動機)

 これに答えるには、整理したいポイントが3つあります。

 @ 志望する企業にはどういう良さがあってどこに惹かれて志望したのか。
 A 志望企業の業務内容を研究して、会社の求める能力は何かを意識します。
 B 志望動機と企業の採用のニーズをマッチングさせて、だからこそ応募
   したのだとまとめます。


    たとえば、
    「社員全員で経営を考え、参画できる経営方針に共鳴し、前職の経験を
     生かせると思い、希望いたしました」という感じ。


「前職の退職理由はなんですか」(退職理由)

 ここで企業が気にするのは、求職期間が長い場合です。

 自分の言葉で説明できるようにしておきましょう。

 また、退職動機のポジティブな表現に気を配りましょう。
 「感謝」「前向き」「円満」「自己管理」「目標達成」などです。

    たとえば、
     「会社の規模縮小で、早期退社を打診されました。これを人生の
      挑戦の転機として、自分の能力を向上させたいと思い、前向きな
      気持で退職いたしました」


「うちの会社で、あなたができることは何ですか」(職務遂行姿勢)

 これまで、どういう仕事をしてきて、どういう能力を得たのか、
その会社にどんな貢献ができるのかを話していきます。


相手の話や質問をよく聞いて、
自然な表情できちんと質問に答えていきましょう。


面接が終わったら、そこでホッとせずに、
必ず「お礼状」を出しましょう。
当日は、ハガキを持参して近くの喫茶店などで書いて、
すぐに投函します。
  
 例文 
  「拝啓  本日は面接のお時間を頂き、誠にありがとうございました。
   前向きで、爽やかな御社の社風に感激しつつ、御社を後にさせて
   いただきました。
   前職の経験をもとに、さらに能力を広げ、挑戦したい気持が強く
   なりました。
   何卒、よろしくお願いいたします。      敬具
      平成○年○月○日      ○○○○(氏名)    」
  
タグ:面接
posted by 仕事探し人 at 17:57 | 就職活動の基礎と実践 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

就職活動の計画を立てます。


就職活動の計画を立てる



まず、「いつまでに再就職をするか」の期限を決めます


締め切りを作っておかないと、いつまでもだらだらと先延ばしに
してなかなか決められなくなります。


内定が出ても、もっと自分に合った会社が見つかるかもしれない、
と決断できないのです。


だいたい1〜2ヶ月。
長くても3ヶ月くらいに期限を決めましょう。

その期間は集中して企業にアプローチしていきます。


就職活動を実践するために、
1週間刻みで計画を立てるといいでしょう。



新聞の求人広告や折込みチラシは、土曜、日曜に集中しています。

まず、ここで求人情報を集めます。


月曜日には、ハローワークに行きます。

集めた情報は、切り抜いたりして、ファイリングしておきます。



また、週末の求人情報で気になったものは、月曜の午前中には
電話するなり、応募の準備をして、素早く行動しましょう。


火曜日、水曜日は、準備しておいた書類を、応募企業にあわせて
書き直したり、送付の日付を直したりします。


面接に備えてスーツをクリーニングしたり、
理髪店に行っておくものいいでしょう。


もちろん、すぐに面接のアポイントが取れるとは限りません。

でも、だからといって、一日中家でパジャマ姿でいるようでは
いけません。


あなたの「鮮度」が落ちないように、
一日でも人に会わない日は作らない、
くらいの気持で、情報感度を高くするようにしましょう。



気になる企業のホームページをチェックしたり、今、世の中で
何が起こっているのか、何が流行っているのか、こういうことに
疎くならないようにしましょう。


タグ:就職活動
posted by 仕事探し人 at 10:00 | 就職活動の基礎と実践 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
60歳からの仕事探し」の先頭へ