いわゆる‘パソコン資格’


「パソコン資格」は役にたつ?




パソコンに関する資格は、
近年のネットワークの充実と共に増え続けています。


今や、事務をこなす人や情報系企業に勤める人にとっては必須の資格
も多いようです。

パソコン資格として、名前もそのままのパソコン検定(通称;P検)
があります。

これは パソコン業界の標準的な試験に位置づけられています。

知識から技術まで広く問われているため、就職・転職、企業側のスキ
ルチェックなどに活用されています。

その他には、
国家資格で比較的取得しやすい 資資格として、初級システムアドミニストレータ試験(通
称初級シスアド)が挙げられます。

これは、ネットワーク利用者側において、
情報技術に関する一定の知識・技術を持ち、
業務の情報化を利用者の立場から推進する役割を持つ
人を指す資格です。


パソコンだけではなく、
その周りのネットワークの知識と技術を必要とする資格もあります。

この資格には上級もあり、こちらはさらに、
企業の業務、ビジネス戦略などを把握し、
そのうえで業務システムと 情情報システムの支援を行うものとなります。


これら
の資格はほんの一握りに過ぎません。
そのほかにもパソコン・情報に関する資格は、
CADやMIDI、MOSなどをはじめ
国家資格からベンダー認定まで50種類をはるかに
超える数が存在しています。


一般のPC知識に関するもの、
セキュリテイー関連のもの、
ソフトウェアの取り扱い、
内容もさまざまです。


必要かどうかを見極め、
適正な資格を選ぶ必要があると思います。



ただし、上記の資格はすでに取得している人が多い
のではないでしょうか?

仕事の分野にもよりますが、
資格を持った上での経験が再就職で役に立つ、と
考えたほうが良いでしょう。





タグ:資格
posted by 仕事探し人 at 20:23 | 資格について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
60歳からの仕事探し」の先頭へ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。