77歳のヘルパーさん!

高齢でも、定年がなく働けるのは、
いわゆる「お手伝いさん」ヘルパーさんです。


高齢ヘルパーさんの実態

今、77歳のヘルパーさんがいらっしゃいます。
現役で働いています。

この方の場合、「介護ヘルパー」ではありません。
いわゆる「家事援助」ですね。

「介護ヘルパー」は介護保険の関係があって、報酬も仕事時間
も決められていますから、1時間だけとか一件当たりの時間も
少ないのです。

もちろん時給は一般のヘルパーよりいいのですが、だからと
言って長時間働けないので、あちこち掛け持ちするか、
デイサービスか施設で働くかになります。

入浴介助、その他介護状態の方のお世話は結構重労働です。

いわゆる「家事援助」の場合、ヘルパーとして、掃除などの
家事をしますので、時間も、時間帯も、相手のお宅の都合や
希望に合わせて働くことができます。

「定年」はあるのか?


お互いに気が合って、信頼関係が築ければ長く働くことも
あります。

たとえば、タイトルにあげたように77歳になっても、ヘルパーと
して働いている方もいるわけです。

実際、介護保険の「要介護」状態ではないけれど、一人暮らしで
不安だとか、家事を手伝って欲しいという要望は多いのです。

ですから、健康で、先方の希望に叶う人なら長く仕事ができます。

結局は「人柄」になるのですが、ヘルパー派遣センターなどでも、
一般家事のヘルプで安心して送り出せる人材は不足しています。

報酬は多いとはいえないかもしれませんが年齢に関係なくやる気が
あれば仕事はあります。

また頼られて信頼されることで「やりがい」もあります。

年金をもらいながらでも出来る仕事なので、おすすめです。


ヘルパー派遣センターはいろいろありますから、ハローワークだけ
でなく、近くにそういったセンターがあったら問い合わせてみると
いいでしょう。

仕事を持つことで自分の健康にも注意するようになりますし、
精神的にも充実感が得られて、比喩的にいえば、「介護される」
側ではなく、むしろ「介護する」側に回るのは大切なことです。

積極的に働く気持ちを持って、チャレンジしてみましょう!



posted by 仕事探し人 at 10:08 | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
60歳からの仕事探し」の先頭へ