「介護ヘルパー」の現在

介護の仕事



介護報酬の引き下げによって介護施設が閉鎖、
というニュースを見るようになりました。

どうもニーズとは逆行しているようで、これでいいのか!
と思いますが、実際に働いているヘルパーさんにとっては
切実な問題です。


一時「ヘルパー」さんの求人がとても多くてこの分野は今後
ますます人が必要になるはずと思ったのでした。
確かに人は常に必要ではあるのですが、他の問題も明らかに
なってきつつあるようです。


それは、ヘルパーさんの「仕事の確保」の問題です。



仕事の「時間」を確保する


デイサービスで働くにしても、「訪問介護」で働くにしても、
ヘルパー派遣会社に所属して派遣されます。
その場合、毎日、もしくは週に何日かにしても、「確実」な仕事と
なりにくい、ということなのです。


たとえばあるお宅に2時間行くとします。
10時から12時としましょう。
次の仕事は同じ日の13時から14時だったとします。
この間の「移動時間」はもちろん「仕事時間」
ではありません。
ですから10時から14時まで働いたことには
ならないのです。

その日の仕事はそれで終わり。
別の日には、9時から11時の仕事があり、
午後は14時から15時半などということもあります。

仕事が無い日もありますし、突然のキャンセルもあります。

このように、仕事の合間時間が長かったり、
不確かだったりで、
フルタイムのような働き方ができません。

長時間働くなら「施設」ですが、
施設での仕事はハードだったり職場の人間関係が
難しかったりで、
長く続かない人も多いのです。

なので、しっかり働きたい人は、いくつもの派遣会社に所属して、
どんどん仕事をもらおうとしますが、それぞれにシフトの関係も
あって、なかなか思うようにはいきません。

結果、派遣会社は人材の確保のために求人を出しますが、実際には
仕事をシェアするようなことになるので、合理的な雇用関係に
なりにくいのです。

もちろん週に何回か働けばいいという人には、
それでいいかもしれません。
しかしキャンセルになれば収入の保証はないのですから、
毎月の収入が安定しません。
これはやはり困ります。

仕事をする以上、月々このくらい、という定額は知っておきたい
ものですし、そうでなければ予定が立ちません。

介護ヘルパー派遣、という会社のあり方をもっと考える必要が
あると思います。

また、働くにしても、いつも仕事があるとは限らない、という
意識を持っておくほうがよさそうです。

長く働きたいのであれば、
早めに資格を取っておくべきでしょう。
タグ:仕事
posted by 仕事探し人 at 04:10 | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
60歳からの仕事探し」の先頭へ