高学歴の人々


「高学歴」の高齢者


今、仕事を探している人たちは、いわゆる「高学歴」です。

4年制大学は当たり前。
現在60歳前後の世代は「学歴」社会を生きてきたのですから。

それなりのプライドもありますし、知識も、スキルも持っている
人が多いでしょう。


しかしながら、正社員の募集では年齢で負け、
非正規社員であっても、まず書類審査をパス
するのが厳しい状況があります。

どの会社も、雇う以上は長く働いてもらいたいもの。
せっかく養成するのですから、
働ける期間が少なくては経費が回収できません。

ハローワークでは公にはなっていなくても、
年齢制限は事実あるのです。

真剣に仕事を探しているのなら、
学歴やプライドは捨ててかかる覚悟が必要です。


できることは何ですか?


たとえばヘルパーさん。
資格を持った介護ヘルパーさんもいますが、
介護ヘルパーさんはオムツ交換や入浴介助など、
けっこう重労働です。

腰を痛める人も多く、若ければまだしも、
年齢を重ねていると長くできる
仕事ではありません。

比較的に楽なのが家事手伝い、要するに「お手伝いさん」です。

個人のお宅を何件か回っている人もいます。
「ヘルパー派遣」の会社などに所属して、仕事を仲介してもらうケース
が多いです。

1回が2〜3時間くらい、交通費も出ますし、仕事内容は家事手伝いです
から決して難しいことではありません。

実際の応募者に「高学歴」の人が多くて社長が驚くくらいです。
ある面接に同席したことがありますが、
全員大学卒、しかも有名大学ばかりでした。

最初は大学を出て「お手伝いさん」なんて、と思う人もいるでしょう。

しかし、普段家でやっていることをすればいいのですし、
それで収入を得ることができるのですから、特別なスキルも必要なく、
派遣先の家庭の方との相性があえば、
周りの対人関係で悩むことのない快適な職場といえます。

高齢者だけの世帯が増えて
ちょっとした家事手伝いが求められている
現実がありますから、健康で明るい女性ならば
よい仕事といえるでしょう。


事務職で時給800円程度でしたら、
むしろこうしてヘルパーとして働く方が
時間的にも自由がききますし、
なにより人間関係のストレスがないので長く
出来る仕事といえます。


思わぬプラスもあります


また先方のお宅で必要とされている、というやりがいもあります。

特に富裕層の老夫婦などは、
感謝の気持ちを表すのに、ちょっとしたものを
プレゼントしたりすることもあります。

さらに他の方を紹介してくれることも。

こういう働き方もある、という意味で、
少し視野をひろげてみると
新たな可能性が見えてきたりもするのです。

自分の車で数軒のお宅を回っている人が
いますが、料理が得意なのを活かして、生き生き
と仕事をしています。

自分で自分に枠を作らずに、
柔軟に自由に考えてみるといいでしょう。


タグ:学歴 料理
posted by 仕事探し人 at 13:04 | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
60歳からの仕事探し」の先頭へ