「老後破産」?


「老後破産」は現実か。


NHKで取り上げられてから「老後破産」という言葉
をよく聞くようになりました。

80歳近くなって、年金と貯蓄では生活が厳しくなっている
現状がある、というのは悲しいことです。


一番の原因は配偶者の死亡による一人暮らし。
夫婦二人の年金があればなんとかやってこれたのが、配偶者を
失うことで、非常に厳しい状況になってしまう。

持ち家があっても、ひとりになってしまうと、
さらに病気になってしまうと、
住み続けるわけにもいかず、病院から施設へと移されて、
様々な費用がかかってくる。


一人になって、病気になってしまうと、生活が破綻してしまう
という「老後」をどうするのか、
国の課題ではありますが、
できるだけ自助努力はしなければならないでしょう。


一人の「老後」をどうするか



特に今は男女とも結婚しない人が増えていますから、
「一人」の老後を考えなければなりません。


まずは、できるだけ「仕事」を持って収入を確保しながら
健康に留意すること。

老後の住まいをどうするのか考えておくこと。

できれば公的な支援について、どんなものが利用できるのか、
早くから調べて知っておくことが大切です。


「知っているかいないか」で大きな違いが出てきます。
利用できるものは利用して、仕事探しや起業に役立てましょう。

年金がどれだけ受け取れるのか、何歳から受け取るのか、
そういうことも確認しておきましょう。

特に「住まい」です。
高齢での賃貸は大変です。
家賃が常に負担になりますし、家賃の滞納を
心配しなければならなくなったら、
どうすることもできません。


親が残してくれる家があるなら、
それでなんとか「住まい」だけは確保しましょう。
その家に住むもよし、
売って中古のマンションを買うものいいでしょう。

できるだけ、
老齢になっての「賃貸」は避けましょう。





タグ:住まい 収入
posted by 仕事探し人 at 01:08 | 「老後」の生活設計 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
60歳からの仕事探し」の先頭へ