高齢者の就業〜平成26年版高齢者社会白書より〜


平成26年版「白書」より



高齢者の就業状況ですが、

男性の場合、就業者の割合は、

55〜59歳で、89.7%

60〜64歳で、72.7%

65〜69歳で、49.0%

となっています。

また、60〜64歳の不就業者のうち3割以上が、

65〜69歳の不就業者のうち2割以上が就業を希望しています。


女性の就業者は、

55〜59歳で、65.0%

60〜64歳で、47.3%

65〜69歳で、29.8%

となっています。

大まかにいって、60歳以降は「非正規雇用者」が増加。

定年後の継続雇用者の割合は76.5%

高齢者の全般的な雇用状況は、2011年から改善傾向にある、

といえそうです。


高齢者の経済状況ですが、

世帯主が65歳以上の世帯では、貯蓄額が全世帯平均の1.4倍。

4000万円以上の貯蓄を持つ世帯が16.5%
(全世帯では10.4%)

と高い水準になっています。

しかし、65歳以上の生活保護受給者は、65歳以上人口の2.63%

約78万人になっています。

このような状況で「働きたい」という高齢者にとって、

「働きたい理由」の主なものは「生活費を得たいから」

希望する形態は「パートタイム」

働くための必要な条件は、まず「健康・体力」(58.8%)

次に、「柔軟に人に対応できること」(13.1%)

「知識・技能・技術の習得」(12.5%)


公的年金で生計を支えたいと思いながらも、不安をかかえ、

貯蓄や退職金の取崩しや、自分もしくは配偶者の給与収入が

必要と考えている人が半数以上いるようです。

自分と家族を守るためには、

健康で、働けるうちは働く、という高齢者の意識がはっきり

出ていますね。






タグ:白書
【高齢者雇用の今後の最新記事】
posted by 仕事探し人 at 15:33 | 高齢者雇用の今後 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
60歳からの仕事探し」の先頭へ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。