トラックドライバー 大型自動車免許の取得


「物流業界」の事情


いわゆる「物流業界」は人手不足です。

トラックドライバーの不足で、特に中高年世代が注目されて
います。

特に、
宅配便は通販を利用する人が増えて、
ますます人不足になるでしょう。

もちろん楽な仕事ではありませんが、就職しやすい業界と
いえるでしょう。


その場合、もちろん「大型自動車免許」が必要になります。


「大型車自動車免許」には第一種と第二種があって、一種は荷物の運送、
二種はバスなどの乗客を乗せるものです。


第一種を取得するには、
満21歳以上であること、
普通自動車免許、もしくは大型特殊免許を取得していること、
免許停止期間を除く運転期間が3年以上あること、
普通免許と同じく、視力、聴力、運動能力、学力も一定の基準
に達していること、
といった条件があります。


大型免許を取得する方法としては、
指定の教習所で技能講習を受けて卒業検定で合格すること
または、
運転免許試験場で直接技能試験を受け、合格する方法、
があります。


普通は教習所で技能を習得することになるでしょう。教習所では
学科試験は免除されます。
費用は30〜40万円が一般的ですが、短期集中の合宿などなら
22〜30万円くらいになるでしょう。


中高年が増えている業種でもあり、
比較的転職しやすいことを考えれば、
体力に自信があればチャレンジしてみるのもいいでしょう。


大手の求人サイトでも、特集が組まれることもあるくらい、
人材が求められています。
「未経験」でもOKといった求人も多いです。


また関連して「フォークリフト」の資格を取っておくのもいいでしょう。

これは特に倉庫内での物品の移動には
欠かせません。


年齢を重ねると厳しい仕事ではありますが、
まだ動けるうちに経験を積んでおいて、
何らかの形でサポートになるような部署で働けるように
なれればいいのではないでしょうか?








タグ:資格 再就職
posted by 仕事探し人 at 10:00 | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
60歳からの仕事探し」の先頭へ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。