資格取得が条件となる求人


就職に有利な「資格」


「資格」を取ることは再就職に有利なのかどうか。


資格といっても様々なものがあります。
「国家資格」もあれば、民間認定のものもあって、権威の
疑わしいものもたくさんあります。


再就職に有利な資格に絞って考えてみると、
ハローワークの求人情報に、
必要な「資格」として掲載されて
いるのは介護関係の仕事です。


ホームヘルパー、
ケアマネージャー、
介護福祉士、
社会福祉士、
といった資格です。


また、
栄養士、
調理師、
の資格のある人の求人もあります。


さらに、
数は少ないですが、
「学芸員」

これは、図書館や、博物館などで働きたいときには
必要な資格です。


語学、
これは資格というよりも、たとえば中国語や英語で
商談ができるかどうか、現地に赴任して責任者になって
もらいたい、という求人の場合です。


このほか、
独立して開業したい、というなら、
税理士、
公認会計士、
司法書士、
行政書士、
中小企業診断士、
などの資格が役立つでしょう。


ただし、独立開業となると、資格の有無だけでなく
人脈や、費用、組織とのコネ、市場、なによりも顧客を
どう獲得するか、が大きな問題となります。
単に資格だけでは難しいです。



また、最近増えているのが
「柔道整復師」「按摩マッサージ指圧師」
といった整体関係の資格を持った人の求人です。



先に述べた介護関係の資格もそうですが、
高齢社会にあって、整体のような仕事の求人も増えて
くることが予想されます。


社会の需要を考えて、資格を取得するなら、どんな資格を
選ぶべきか、よく考えてみましょう。


タグ:資格
posted by 仕事探し人 at 19:48 | 資格について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
60歳からの仕事探し」の先頭へ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。