「高齢者雇用安定法」?


高齢者雇用安定法



2013年4月に改正されるとか。


企業は希望する人には65歳までは雇用をしなければならない、
という法律を、もっと実行してもらうための改正のようですね。

実行しない企業名を公開する、といった形で、企業にシステム
作りを促そうというものですね。


もちろん65歳まで働きたい、という人にはいいことですが、
若い人の雇用を圧迫しないのか、とか、非正規雇用の場合は
どの程度適用されるのか、とか、問題点はありそうです。


企業が早期退職者を募ることももちろんありますし、
雇用の延長に伴って、雇用条件が変わり、収入が減ることも
あるでしょう。


実際問題として、高齢者の転職がなかなか難しい状況では、
できるだけ長く今の会社で働きたいと思うのは当然です。



これまでも、定年で退職金を受け取って、そののち、たとえば
「嘱託」として働く、ということがありましたが、それはかなり
「狭き門」で、希望者が全員そうなれるわけではありません。


一般企業ばかりでなく、
たとえば学校の先生も、定年後に「非常勤講師」
として学校に残ることを希望し、それが叶うのは、かなり限られた人
になります。


「非常勤」とか「嘱託」といった働き方は、正社員と違って、時間も
収入もかなり抑えられますから、企業にとっても、よい雇用システム
といえるでしょう。


まだ定年前の人は、会社に残る、ということをまず考えるべきでしょう。


ただし、それはかなりの競争率になりますから、自分のスペシャリスト
としてのスキルを磨いておく必要があります。


この分野では人に負けない、という得意分野を作っておくといい
ですね。


もちろん、早期退職をして、他に自分のやりたいことを探すのも
選択のひとつです。


何のために働くのか、まだ子どもの学費が必要とか、家のローンが
あるとか、生活費が必要ならそれを得ることを目標に仕事を考えねば
なりません。


どのくらいの年収が必要なのか、それは「嘱託」「非常勤」でも
クリアできるのか、一体何歳まで、どのくらいが必要なのか、
よく考えておかなければなりません。


posted by 仕事探し人 at 16:41 | 高齢者雇用の今後 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
60歳からの仕事探し」の先頭へ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。