レンタル収納ビジネス

都市に集中したビジネスでありますが、
遊休スペースを持っていれば、代行に委託して
しまえば、楽なビジネスになります。


最近インターネットで、部屋貸しビジネスというのか、
不動産物件を所持して、開国人観光者に貸す、という
ビジネスをよく聞きます。

外国人ばかりではなく高いホテル代金を安く
したい旅行者に部屋を貸す、などですね。


人が宿泊するとなると、
それなりの設備が必要ですが、
物を収納するスペースなら、少額投資ではじめることが
できます。

遊休地を使ったレンタルコンテナ、
空きビル、空き店舗をつかったトランクルーム、
ミ二倉庫、
などが「レンタル収納」です。

自分で空き地やビルを所有していれば、
経営代行してくれるフランチャイズ会社がありますから、
管理委託すれば簡単です。

管理費は収入の10%位と考えればいいでしょう。

収入は年利30%くらい?
これは物件や場所によって差があります。

ほとんど手のかからない「投資」と考えれば、
意外と利回りがよくないマンション投資や
アパート経営よりもいいかもしれません。


シニアにとっては
先がながい「老後」に備えて安定的な収入が欲しい
ところです。

リスクが少なく、ある程度の利回りが期待できる
のであれば、遊休地や空きビルの活用を考える
べきでしょう。

仕事を続けることで
「やりがい」「生きがい」
さらには
「健康」を得るのはとても大切です。

と同時に、
利用できるものがあれば利用して、できれば不安のない
生活を目指しましょう。


posted by 仕事探し人 at 15:00 | 自分の強みを知る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
60歳からの仕事探し」の先頭へ