求人票の見方「交通費」

パートでもそうでなくても、

できれば近くの職場を探したいものです。


交通費が出るとは限らない


からです。

これは、
もちろん「全額」出るところもありますが、
上限が決まっているところもありますし、
全然出ないところもあるのです。


たとえば「工場」の場合ですが、
「送迎バス」が出ている会社が結構多いです。
これは工場のある場所が駅から離れた不便な場所
ということでもあります。
「送迎バス」を利用すればもちろん無料ですが、
遅刻して乗り遅れたりしたら、交通費は一切出ません。


また上限が決まっているところがけっこうあります。
通勤距離によっては「直線距離」で測ってある程度より
短ければ(近ければ)出ないところもあります。


交通費が出るとしても、
通勤時間を考えたり、バスや電車の乗り換え時間
を考えると、さてどうだろう?となることが多いです。


通勤は毎日のことですから、
かかる時間や、交通費がどの程度支給されるのかも
含めて、働く条件の一つとしてよく検討するべきです。


パートの場合ですと、
やはり近所のほうが便利ですし、
雇用者もそれを見越して
交通費なし、というところが多いですね。



ハローワークなどで求人検索をするときに、
まずは「最新求人」から検索しましょう。
応募者が殺到するような人気求人が出てくることが
あります。


その一方で、長いこと出されたままの求人もあります。


こういう求人には注意が必要です。
条件は悪くなくても、何か理由があって、人が定着しない
可能性があります。


だいたいの場合、求人票に書かれた業務内容と実際の
業務内容に差があることが多いです。


ハローワークの相談コーナーに持っていくと、そのあたり
は説明してくれるでしょう。


「求人票」については「交通費」だけでなく、
項目をしっかりチェックしておきましょう。


わかりにくいところはハローワークで質問して
理解しておきます。
どこのハローワークでも
「求人票の見方」という冊子を置いていますので、
一冊もらっておくといいですね。

posted by 仕事探し人 at 11:19 | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
60歳からの仕事探し」の先頭へ